お問い合わせ  よくある質問  リンク  サイトマップ

亀戸天神社

トップ 御祭神・由緒 祭り・年中行事 天神様の花暦 御祈願・結婚式 境内あちこち発見隊 アクセス

祭り・年中行事

祭り・年中行事トップへ戻る  1  1  1
3月

神忌祭

神忌祭

この日は、旧暦の2月25日道真公のご命日にあたり午後6時、祓い清められた神前から道真公の御神霊を奉持(ほうじ)した絹垣(きぬがき)が氏子や近隣の子供達のかざす松明(たいまつ)の火で守られながら境内を巡ります。
静寂の夜の闇にあかあかと燃え立つ松明が行列してゆく様は荘厳そのものです。神忌祭は“松明祭り”とも言われ道真公を大切にお守りしている事を松明の明かりをとおしてお伝えする意味もあり、8月の大祭に対する春の大祭ともいえます。

神忌祭で松明をかざし天神様をお守りする大切な役はどなたでも参加できます。
きっと天神様から幸運をたくさん頂けると思います。
皆様是非この素晴らしい体験を・・・
 神忌祭画像
神忌祭画像   神忌祭画像
4月

藤まつり

藤まつり

4月の下旬から、境内に100株以上ある藤の花が一斉に咲き始めます。心字池に写る姿と淡い香りが多くの人々に愛され‘東京一の藤の名所’として賑わいを見せます。
一方、夜の境内は静寂の中に灯りにてらしだされた花房が、心字池のかすかな波に揺れて写る様は幽玄(ゆうげん)の世界そのものです。 
江戸時代、亀戸は湿地で初代宮司が水を好む藤を社前に植えられ江戸の名所として五代将軍綱吉公、八代吉宗公が訪れた記録もあり、多くの浮世絵などの題材にも取り入れられています。

東京一と言われる藤の見事さだけでなく、100以上の露店で賑わう下町の情緒も肌で味わって下さい !
藤まつり画像  藤まつり画像
 
藤まつり記念

藤まもり
藤まもり
 藤の花鈴守(金)
藤の花鈴守(金)
 藤まつり画像
藤の花鈴守(銀)
 藤まつり画像
ふじみ守
5月

出世鯉放流、花園社例祭

出世鯉放流

中国の黄河(こうが)に竜門(りゅうもん)という急流があり、鯉がそこを泳いでのぼることが出来れば竜になるという言い伝えに因んで行われます。
子供の日と11月の七五三祝いのとき、子供達が健康で、世に出て活躍する願いを込め、心字池に鯉を放流します。

出世鯉の放流は5月5日午前10時ごろから本殿前の太鼓橋の近くで行われ、どなたでも参加できます。
お子様の健康と元気な成長の願いがきっとかないます。
 出世鯉放流画像
5月

夏越祓・茅の輪くぐり

夏越祓・茅の輪くぐり

6月、12月の、年に2度の大祓い(おおばらい)のうち、6月の行事を特に‘夏越祓’と称します。
夏越祓は今年1月から半年の間、心ならずも身についた罪穢れ(つみけがれ)を祓う神事です。茅(かや)で作った‘茅の輪’をくぐる事から‘茅の輪くぐり’とも言い、先頭の神職が祓いの和歌を唱え、左、右、左と3度くぐります。
茅は古来、物事を清め祓うものと言われ、輪になる事でより逞(たくま)しく強い力を持つと信じられて来ました。

*祓いの和歌
水無月(みなづき)のなごしの祓いする人は
千年の命 延(のぶ)と云うなり
夏越祓・茅の輪くぐり画像   夏越祓・茅の輪くぐり画像
7月

筆塚祭

筆塚祭

菅公は、書道の神様として、皆様に深く信仰されています。
境内には4基の筆塚がありますが大鳥居をくぐり右側の筆塚の前で午前10時から執り行います。
筆は、古くから「文房至宝」(ぶんぼうしほう)の一つとして大切にする習わしがあり、筆に関わる職業の人達(書道家や絵師)たちは使い古した筆を甕(かめ)に入れて、貯まった時に土中に埋め、その上に塚を建てて筆への感謝祭を行いました。
今まで使った筆、清書などをお持ちいただき祭壇にお供えし更なる書道上達と感謝をお祈りします。
古筆、清書などは、祭典終了後、筆塚の前で御焼納(おたきあげ)をいたします。平成2年に本殿前の庭に「文房至宝」(四宝)の碑が建立されました。
*文房至宝(ぶんぼうしほう) 中国より渡来した紙、筆、墨、硯の4つを意味し日本の高い文化を育てる文具として貴重品であり大切にされています。
 筆塚祭画像

筆塚祭画像
 筆塚祭画像
書道上達御守護
8月

例大祭・献灯明、御鳳輦渡御祭、氏子神輿連合宮入り

例大祭・献灯明

例大祭
天神様の年間を通じて一番重要なお祭がやって来ます。
氏子の家々にはご祭礼提灯がゆらぎ、お囃子の音と担ぎ手の威勢のよい掛け声に、町内の皆が胸躍らせ見守る中、待ちに待った神輿(みこし)と曳太鼓が町内を練りながら巡行します。江戸下町の勇壮な絵巻が繰り広げられます。
例大祭では、氏子、町内にとどまらず国の安泰と繁栄を祈願し、宮司が祝詞を上げます。
又、4年に一度の大祭には菅公の御霊(おみたま)を乗せた御鳳輦(ごほうれん)が氏子町内を巡行し、全ての町神輿が連なって宮入する連合渡御(れんごうとぎょ)で最高潮を迎えます。
(年により日にちは変わります)

献灯明
昼の喧騒からうってかわって、夜の境内には、神前から分けられた1,000個以上の灯明が灯り、静寂の闇につつまれます。
心字池に映る様は、昼とは違う趣をみせます。
灯明の灯りは、道真公をお守りしていることを表しています。
 例大祭・献灯明画像
薪神楽(たきぎかぐら)

例大祭・献灯明画像
献灯明(けんとうみょう)

御鳳輦渡御祭

鳳輦の起源は神輿(みこし)より古く、中国の風俗文化の移入により伝わった天子や高僧などの乗り物とされて来ました。主に関西地方が多く、静かに担がれたり、車輪をつけ黒い牛が引きます。
4年に一度の大祭の時に御鳳輦を初め平安朝絵巻を再現した華やかな長い行列を仕つらえ渡御(とぎょ)いたします。
午前8時に発輦(はつれん)して、氏子町内を巡行し、午後5時頃に還御(かんぎょ)します。
当神社の鳳輦は、戦災を免れ日本でも大変めずらしく立派なもので都内でこのような鳳輦は当神社のみです。(四年に一度の大祭時に斎行)

御鳳輦渡御祭画像
 御鳳輦渡御祭画像

氏子神輿宮入り

平安絵巻を思わせる御鳳輦渡御の“静”から一転して氏子町会25基の神輿が連なって宮入りする“動”の連合渡御は、正に江戸の華 ・・・・・・
天神橋を渡り続々と姿を現すと、氏子だけでなく見守る見物の方々まで心躍る祭の醍醐味を味わえます。

神輿渡御は“和をもって背負う”(ワッショイ)掛け声からも分かるように、みんなが助け合う下町の絆と、天神様の氏子であることに誇りを感じる素晴らしい一時です。 (四年に一度の大祭時に斎行)
氏子神輿宮入り画像  氏子神輿宮入り画像

氏子神輿宮入りの動画(約1分)
おそい回線(56K)はやい回線(360K)

get WMV  ご覧いただくには、Microsoft社のプラグインソフト
「Windows Media Player」のが必要です。
祭り・年中行事トップへ戻る  1  1  1 このページのトップへ
Copyright KAMEIDO TENJIN, All right reserved.
亀戸天神社