お問い合わせ  よくある質問  リンク  サイトマップ

亀戸天神社

トップ 御祭神・由緒 祭り・年中行事 天神様の花暦 御祈願・結婚式 境内あちこち発見隊 アクセス

祭り・年中行事

祭り・年中行事トップへ戻る  1  1  1
1月

歳旦祭|新年初祈願祭・企業各種団体参拝|初卯祭|うそ替え神事|初天神祭

歳旦祭

神前では国の繁栄と氏子の平安を祈願する祭事が行われます。
大太鼓が打ち鳴らされ、本殿の扉が開き、神楽殿ではお囃子が奉納され、この時を待っていた方々が一斉に、本年がよい年でありますようにと参拝祈願し、境内には祈願の御神札・お守りを求め、夜が明けるまで賑わいをみせます。

1月1日〜7日 七草までは新年特別昇殿祈願祭
昇殿参拝され 天神様の一番近くで今年の祈願をしてみたら きっとよい年に!


祈願の申込についてはこちら
 卯槌画像

初卯祭

境内に隣接する御嶽神社の初縁日。
御嶽神社は、御祭神に比叡山延暦寺第十三代座主法性坊尊意(ほっしょうぼうそんい)僧正を祀る。
御祭神は、菅原道真公の教学上の師、御祈の師であり、「卯の日の卯の刻」に亡くなったことから「卯の神」と信仰された。
当日は、江戸時代より続く「卯の神札」と「卯槌」が授与される。
特に、「卯槌」は本来「卯杖ーうづえ」と称され、その由来書によれば、『延喜式』『源氏物語』にも見え、初卯の日に行なわれた宮中行事で、悪気を祓うとされた「杖」を天皇を始め皇后や皇太子に献上し、また女房たちの間で相互に贈りあった縁起物であった。この行事が民間にも広がり、新しい装飾を施しながら、時代を超えて当宮に伝わっていることは特記に値する。
 卯槌画像
卯槌(うづち)
 卯の神札画像
卯の神札(うのおふだ)

歳旦祭

“うそ”は幸運を招く鳥とされ、毎年新しいうそ鳥に替えるとこれまでの悪い事が“うそ”になり一年の吉兆(きっちょう)を招き開運・出世・幸運を得ることができると信仰されてきました。
江戸時代には、多くの人が集まりうそ鳥を交換する習わしがありましたが、現在は神社にお納めし新しいうそ鳥と取替えるようになり、1月24・25日両日は多くのうそ替えの参拝者で賑わいます。

うそ鳥は、日本海沿岸に生息するスズメ科の鳥で、太宰府天満宮のお祭りの時、害虫を駆除したことで天神様とご縁があります。又、鷽(うそ)の字が學(がく)の字に似てることから、学問の神様である天神様とのつながりが深いと考えられています。

亀戸天神社の“うそ鳥”は、檜で神職の手で一体一体心を込めて作られ、この日にしか手に入らない貴重な開運のお守りとしてとても人気があります。
卯の神札画像   卯の神札画像
鷽鈴
鷽鈴
 鷽笛
鷽笛
 鷽ストラップ
鷽ストラップ

鷽鈴(600円) 鷽笛(700円) 鷽ストラップ(700円)は、うそ替え神事以外でも通年おもとめできます

初天神祭

亀戸天神に祀られておられる菅原道真公(菅公)は、お生まれの日も、お亡くなりになった日も25日で、毎月25日は天神様の日として様々な神事・祭事が執り行なわれます。
新年最初のこの日は、境内神楽殿(かぐらでん)で竪川睦の奉納による都無形文化財指定の里神楽・葛西囃子(さとかぐら・かさいばやし)が演じられます。

観る機会の少ない伝統ある里神楽・葛西囃子で、江戸の風を感じて下さい。
2月

節分追儺祭|梅まつり|菜種御供|紅梅殿例祭

うそ替え神事

昔は、この日が新年(新春)をお迎えする日で豆を打って悪い事を追い払い、福を招き入れる習わしがありました。
天神様ではこの日の日没頃に悪い事(邪気)を象徴する赤鬼・青鬼がやって来て、神官と問答し敗れ退散し悪い事が取り払われ、福がくる「鬼やらい」という古式豊かな行事が盛大に行われます。
太鼓橋から赤鬼と青鬼が本殿に向かってノッシ・ノッシと現れ、問答に敗れ豆をぶつけられコソコソと逃げて行くこっけいな姿が見られます。
鬼が退散する時、本殿前ではおはらいを受けた福豆の豆まきが一斉に行われ、福豆を多くの氏子が受け取り合う楽しい光景が見られます。

福のいっぱい詰まった“福豆”をゲットすればきっと1年間良い年になること間違いなしです!
 卯槌画像

梅まつり

菅原道真公は、特に梅の花を好まれ、多くの和歌を詠まれています。
そのため境内に300本を越す梅が植えられ紅白の花が咲き始め、春の息吹を感じます。
更に境内には5歳で詠まれた “美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にも つけたくぞある” という歌碑と道真公の像が本殿前にあります。

開催日時:2013年2月9日(土)〜3月10日(日)
 卯槌画像

菜種御供

2月25日は菅原道真公のお亡くなりになった日にあたり“なたね”が“なだめ”に通じることから、神前に菜の花をお供えし、御心をお慰めする神事が行われます。
本殿では神前で献花式が行われ、菜の花に紅白梅を添えた生花が供えられます。また春を迎えるにあたりこの年1年の穀物、食物等の豊穣(ほうじょう)を祈願します。
卯の神札画像   卯の神札画像
祭り・年中行事トップへ戻る  1  1  1 このページのトップへ
Copyright KAMEIDO TENJIN, All right reserved.
亀戸天神社